スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事に開幕いたしました!第9回写真展「なないろパトス」

お久しぶりの投稿です。早川です。
今日、無事に第9回写真展の初日を迎えることができました!

今回開催のギャラリーは、古いアパートを改装した建物の3Fにあります。
メンバーも解体やペンキ塗りに参加した、手作り感があってとても味のある素敵な空間です。
しかし・・・
少々場所がわかりにくい!
「辿り着くのが大変だったよ~」というお客様の声にお答えして、簡易写真経路図を作ってみました。
是非、参考にしてみてください☆

①下北沢駅北口に降り立つ
②改札目の前の、みずほ銀行の角を左折
③ひたすらまっすぐ。突き当たりの丁字路(ファミリーマート)を左折
案内図1_convert_20160208235600

④左側にバロンデッセ(1F左下)の入ったビルが見える
⑤ビル右端の階段を3Fまで上がる
⑥突き当たり右がギャラリー入り口
案内図2_convert_20160209000329

いかがでしょうか?
辿り着けそうでしょうか?
今週木曜には祝日もありますし、下北沢散策を兼ねて是非遊びに来てくださいねー!!
スポンサーサイト

初夏の大山登山

こんにちは。早川です。
さわやかな初夏の土曜日、早朝から大山登山へ行ってまいりました。
今回のメンバーは、ぶちょー:広井、元ピュア担当:坂井田、そして早川の3名。

出発時はまだまだ元気なもので・・・
フォトジェニックなものと出会うと思わず撮影開始。
IMG_2088.jpg

新緑がとても美しく、木陰に入るとさわやかな風が気持ちいい!
IMG_2112.jpg

IMG_2141.jpg

とはいっても、大山は結構本格的な「山登り」。
子供から年配の方までいらっしゃいましたが、結構ハードな道のりでした・・・
色んなアクシデントに見舞われながらも、やっとのことで山頂!
IMG_2160.jpg

「おれたち、よくがんばったよな・・・ううう(泣)」
IMG_2170.jpg
富士山まで見渡せるという山頂も、この日はガスっていて何も見えず残念!
それでも、自分の足で登った山頂からの景色は格別なものでした。
IMG_2166.jpg

山頂でお昼ご飯休憩を済ませ、岐路へつきましたが・・・
IMG_2188.jpg
なんと!下山ルートの一部が工事中で・・・
全く予想していなかった地点へと降りてゆくことに。
そのため、一回下山地点からバスで駐車場まで戻るはめになり・・・
もう、ヘトヘトです・・・

登山途中に、虫(蜂?)に刺されて激痛に見舞われた部長。
岐路でもアクシデント続きで疲労困憊の様子。
IMG_2189.jpg

ピュア氏も、持参のカメラがいきなりの不調に見舞われてお疲れが蓄積している様子。
IMG_2197.jpg

お疲れレポートになりましたが、疲労困憊の二人を尻目に早川は元気一杯でした(笑)。
夕景の中に、自分が登った山を見つけるのは嬉しいものです~
IMG_2215.jpg


大山登山、普段運動不足の私でも、休憩をこまめに挟むことで楽しく登頂できました。
初夏の気持ちいい季節、カメラ片手にお出かけされてみてはいかがでしょうか?

花たちの魅力にとりつかれて

こんにちは。早川です。
気がつけば、1月から毎月写真を展示する機会に恵まれているはまっこ写真クラブ。
現在も第8回写真展に向けて各々邁進中です。

第8回写真展「明日もし晴れるなら」
期間:4/2(水)~4/7(月) 
場所:大倉山記念館
メンバー一同、皆様のお越しをお待ちしております!


もし晴れるなら・・・私なら絶対に「お花撮影」に行くだろうなと思います。

写真を撮り始めてから、不思議なくらいお花に惹かれるようになりました。
 お花に出会ってファインダー越しにその姿を捉えると、
その可憐で健気な姿に釘付けになり、どうにかしてその愛らしい姿を封じ込めたいっ!
という思いに駆られてしまいます。

そう、まるで花たちに「恋」しちゃっているかのように…。

 その愛しいお花の姿を納得いくまで撮りたい!となりまして、
気付くと数十分も一輪の花の前でああでもない、こうでもない、とシャッターを切り続けて
ヘトヘトになることしばしば。
思わず「写真撮影はスポーツだっ!」なんて思ってしまうほどに。


そこまでして花たちの姿を写真に収めたいと思うようになったのは、
やはり花々がただ一生懸命に命を燃やしている姿に毎回感動するからだと思うのです。

花たちは、色褪せた世界をもぱっと明るく照らす不思議な力を持っています。
また、そういう姿を見つめることで私たちは癒されて元気や勇気をもらっているのでしょう。

_DSC2112.jpg

今回は、そうして息を凝らして花々の息吹を写し止めようとした作品を展示いたします。
未熟ながらも、懸命に花たちと向き合った心意気が伝われば幸いです。

早川 由布子
-----

はまっこ写真クラブ 第8回写真展「明日もし晴れるなら」

期間:4/2(水)~4/7(月)
場所:大倉山記念館 http://www.o-kurayama.com/

嘘という名のフィルターを通して

はまっこ写真クラブの第7回写真展
「嘘ノカケラ」只今開催中です!
新入部員の早川です。

今回がはまっこ写真展デビューとなる私。
写真を撮り始めてから大好きになった「お写んぽ」中に出会った花達を展示しています。

ある秋の日、かわいいお地蔵さんに出会いました。
お地蔵さんは、四季を通してずっとそこに佇んでいるだけの存在。
だけど、お地蔵さんと一緒にそこにある彼岸花を切り取ってみると・・・

あら不思議!まるで彼岸花の開花をお地蔵さん達が喜んでいるようではありませんかっ
(写真展にて展示中☆)

秋の到来を心待ちにしていた、自分のワクワクがこうやって写真に投影されているんだな~と。

こうして、自分の心が作り出した「嘘」という名のフィルターを通して見る風景だから、
悲しい日にはくすんで見えた景色も、嬉しい日にはキラキラして見えるのかもしれません。
DSC_0211-1.jpg
お写んぽしていると、いろんな花に出会います。
その中でも嘘ノカケラにちなんで「いろんなものにそっくり!嘘つきな花」も同時展示中。

花の少ないこの寒い季節、是非色とりどりの花達に会いにきてくださいまし☆
是非お待ちしております!!

いよいよ写真展「嘘ノカケラ」開幕です!!

皆様こんにちは。新入部員の早川です。

いよいよ本日1/28(火)より、はまっこ写真クラブの第7回写真展が開幕致します!!!!

先程、無事に写真の搬入も終了。
2014012802033043d_01.jpg
はまっこメンバーがそれぞれ持ち寄った「嘘ノカケラ」たちが、所狭しと並べられました。
みんな同じテーマですが、一人一人の全く違った世界観が楽しめる写真展になりました。

一見、不思議さ満点の作品も、その背後にある「嘘ノカケラ」をこっそり教えてもらうと
また違った角度から楽しめること請け合いです。


是非、不思議な世界を楽しみに来て下さい!



また、今回の写真展はおもてなしのイベントをたくさん用意しております。
2/2(日)には、お餅つき・芋煮会・お茶会が開催されます。

参加費無料ですので、奮ってご参加くださいね☆
1062107_641419822582683_797080481_n.jpg
2014 1/28 - 2/11(休 : 月・金)
11:00-18:00 2/11のみ -17:00


はまっこメンバー一同、お待ちしております!

おじいのカメラ

早川由布子です。
お正月ムードも一段落しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


写真を撮るようになってから、かつて祖父が愛用していたカメラのことを思い出しまして。
このお正月に実家で捜索したら、出てきました!

Mamiya RB67 pro。
DSC_0410_01.jpg


祖父はこのカメラで家族を撮るのが大好きだったそう。
当時カメラにちっとも興味の無かった私は、このカメラのことはあまり覚えてないのですが…。

帰省して撮った、故郷:浜名湖の写真を祖母に見せると、
「おじいさんの撮った写真とよく似てる」と一言。
DSC_0966_01.jpg



20140116234835afb_01.jpg



DSC_0098_01.jpg
祖父から受け継いだ遺伝子が騒ぎ出したのか!?


いつか、祖父のカメラで撮った写真を大きく引き伸ばして、写真展で飾ってみたいな…
こいつを使えるようになるには、まだまだ長~い道のりが必要になりそうですが(汗)

今月末から開催される写真展を皮切りに、その日を目指して精進して参ります!

凛々しい美しさ

はじめまして。はまっこ新入部員の早川と申します。
はまっこも新人なら、カメラも最近始めたばかりの超ビギナー。
まわりの方々に写真のいろはを教えていただきつつ、どっぷりと写真の世界にはまっている毎日を送っております。

今回、はまっこメンバーから流鏑馬撮影会のお誘いがありました。発起人は流し撮り名手の副部長、バロン竹内氏。
流鏑馬で流し撮りをしてみよ~、ということでその名も「流鏑馬流し撮り部」。

普段、動きが早い被写体の撮影は苦手な私・・・。そんな私が流し撮り!?
上手く撮る自信は全くありませんが、何事も経験ということで俊敏な動きオンパレードの流鏑馬の撮影に挑んで参りました。

流鏑馬の会場は逗子海岸。
流し撮りレクチャーを受けて張り切って臨んだものの、残念ながら流し撮りは成功せず(涙)。ブレてしまうか構図がむちゃくちゃになってしまうかで、早々に諦めてしまいました(流鏑馬流し撮り部のみなさますいません・・・)。

きっと、他3名の皆様が素晴らしい流し撮り作品を撮っていらっしゃることでしょう!
ということで、今回は私が印象に残った流鏑馬の風景をご紹介します。
                       

今回私が一番印象に残ったのは、女性騎手の凛々しい美しさ。

流鏑馬という神事は、その技術とともに騎手の姿の美しさも見どころの一つです。
子供の頃から流鏑馬は見ていましたが、女性の騎手を見るのは今回が初めてでした。
DSC_0253-2.jpg
流鏑馬の鍛錬を積まれている女性は、女性だからといって区別されることもなければ、特別扱いされることもないといいます。
それでもやはり、男性とは違う女性ならではの柔らかい雰囲気は、ぴんと張り詰めた神事の空気に華やかさを添えていました。

           
砂浜を女性が馬と共に疾走する姿は、凛々しい美しさに溢れています。
DSC_0255-1.jpg
とても強い風が吹きつける砂浜で、鍛錬しているとはいえ、女性の細腕で的を射ることは容易なことではない様子。
思わず女性騎手に「頑張れ!」と声をかけてしまうのは、女性からのひいき目でしょうか?

凛々しい美しさがまぶしい女性騎手も、緊張が解けた時の顔は普通の明るい笑顔。
DSC_0007-2.jpg
楽しそうにおしゃべりをしながら歩く姿に、また違う女性の強さを垣間見た一日でした。

引き続き、はまっこ流鏑馬流し撮り部の流鏑馬レポートをお楽しみに!
プロフィール

はまっこ写真クラブ

Author:はまっこ写真クラブ
はまっこ写真クラブのホームページです。http://www.hamakkophoto.com

カウンター
Facebook
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。