スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第6回写真展、閉幕】有難うございました。

秋の足音は遠くから聞こえていたようで、
気が付けばすぐ傍まで来ていました。

そうして、私たちの長い夏は終わりました。
はまっこ写真クラブ第6回写真展『写熱前線』閉幕!!
ご来場くださったみなさま、
温かい声援をくださったみなさま
本当に有難うございました。
来場者総数は501人、みなさまからいただいたチャリティ募金は31,200円に上りました。

IMG_3473vv.jpg
今回、初めて会場で部員募集要項を発表しました。

はまっこの歴史。
「写真クラブをつくりたい」「大倉山記念館で写真展をやりたいっ!」
部長広井の熱い思いからはじまった手作りのクラブは、
日進月歩の成長をつづけてきました。
どんな新しいエネルギーが加わるのか、メンバー一同楽しみにしています。

会期中、メンバー同士で話したこと。
どんな写真が撮りたいか。
どんなカメラマンになりたいか。
自分たちの写真を観てなにを感じてほしいか。

皆それぞれ、熱い。前線は過ぎたものの、
各々の心に灯った火は、第7回に向けて形を変えて燃え始めたようです。

いぇいっ
580316_519559771459562_870749755_n.jpg

みなさまの変わらぬご支援に感謝申し上げます。

はまっこ写真クラブ
スポンサーサイト

さくらちゃんとかえでちゃん

今回もさくらちゃんとかえでちゃんが来てくれました。

ちょっとかえでちゃんはご機嫌ななめな感じでした。

IMG_0614.jpg

細野さんのハシビロコウを抱っこのさくらちゃん

IMG_0620.jpg

阿部さんの自由帳にはさつまいもを書いてくれました。

IMG_0618.jpg

第1回目から来てくれてるさくらちゃん達

今回も会えてうれしかったです。

IMG_0617.jpg

青い空と緑の山の下で



今年の夏はとても暑く、空の青も、山の緑も、

その存在感を鮮烈にアピールしていました。

そんな鮮やかな世界の下に、

冷んやりとした大空間が存在することをご存知ですか?

今回の写真展では、

地上との温度差が20度もあった

山口県の秋芳洞の写真を展示しております。

見た目は冷んやりですが、

この夏一番熱くなった場所です。

ちなみに、この山口県は、

私の奥さんの実家があります。

そして、今回彼女は「はまっこ写真クラブ」のメンバー

一人ひとりをイラストにしてくれました。

大倉山にお越しの際は写真ではありませんが、

彼女の力作にもご注目ください。


なかたけし

「鉄道風景写真」でいこう!!

皆さま。

初めまして、はまっこ写真クラブ熱烈サポーターの一人である、HN:カレチ
こと希代真宏と申します。
この度、縁があって、第6回写真展「写熱前線」にSPOT参加させていただくこと
になりました。

自身、初めての写真展出展であり、テーマを何とするか悩みましたぁ~
色々と悩んだ結果、ここはひとつ"Color"をテーマしてみようと思いました。

そして選んだ色は青。そうBLUEです。

私のメイン被写体は「鉄道」なのですが、なんとまぁ、意外にも順光で撮れて
いるケースは多くなく、逆に少ないくらいで自身でもビックリww
でも、テーマが決まって、「これは返って稀有なのかも?」って思うと、何だか
楽しくなってきちゃって、準備中の画の選定も比較的スムーズに出来た印象でし
た。


そんなことで、作品の総称タイトルは、「blue scene」~青の光景です。

私たちの生活の中に溶け込んでいる「鉄道」
より多くの人達を、目的地まで運んで行ってくれる「鉄道」
通勤や通学、旅行や観光地への「足」的存在である「鉄道」

もはや、そこに存在していることのが当たり前なのだけれど、ちょっと目線を
変えれば、景色のいいところを走っているんだよね。

「鉄道は、人だけでなく、想いも運んでいるんだ!」と感じてくれれば嬉しい
限りです。


はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」
2013年9月18日から23日 10:00~20:30(最終日は18:30まで)
大倉山記念館にて、絶賛開催中です。

東急東横線大倉山駅からのアプローチである坂道を上る価値ある写真展ですよ。
近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。


大倉山記念館 http://o-kurayama.com/

カレチ・希代真宏

ありがとう。100いいね!【はまっこFBページ】

8622_575389659185700_1708499079_n.jpg

はまっこ写真クラブの公式Face bookページの「いいね!」が、先日ついに100を超えました。
日頃より皆様の温かいご支援を賜り、メンバー一同心より感謝しております!!
この場をお借りして、お礼申し上げます。

結成当初から、メンバーも増え、回を重ねるごとに試行錯誤
写真への愛とメンバー同士の絆を深めながら
ここまでやってきました。
みなさまの温かい声援のおかげです。
今後も、はまっこ写真クラブをどうぞよろしくお願いいたします。

第6回写真展は、本日開幕したばかり!
3連休のご予定はお決まりですか?台風一過、秋も深まる中はまっこの熱い晩夏、
まだまだ燃え盛っています。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」
会場:大倉山記念館 神奈川県 横浜市港北区 大倉山2-10-1
時間:10:00~20:30 ※初日は12:00より、最終日は18:30まで
料金:無料

URL(PC):http://hamakko.hannnari.com/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

23日まで。
みなさまのお越しをお待ちしております。

「写熱前線」、絶賛開催中です!

はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」、本日より、絶賛開催中です!

皆様のご来訪、お待ちしております!


メンバーたちの情熱を、少し、お届けいたします。

aaaa1.jpg

aaaa2.jpg

aaaa3.jpg

aaaa4.jpg

aaaa5.jpg

aaaa6.jpg

aaaa7.jpg

aaaa8.jpg

数時間後に写真展開催!

本日より23日まで、はまっこ写真クラブの6回目の写真展の「写熱前線」が開催されます。

はまっこ汗担当の松本です。
暑い夏が終わりそうですが、はまっこの夏は今日開幕です。

写真展の準備も完了しました。
後は開館するだけです。

興奮しすぎて眠れないです。

大倉山記念館にて、皆様のご来場をお待ちしています。

いよいよ明日から「写熱前線」!

このブログではお初になります。副部長(雑用係)のバロン竹内です。

本日、大倉山記念館での設営作業も完了し、
明日、9月18日(水)から23日(月)まで、
はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」が開催です!!

メンバー16人が出展し、それぞれの「写熱前線」を思い思いに展示。
展示作品数は375枚! チャリティーポストカードは280種類!!
朝10時から開いているので、お散歩がてら、気軽に見に来てくださいね~。


さてところで自己紹介というか、自分の今回の出展を紹介いたします。

テーマは「K=mv^2/2」という、運動エネルギーの公式で、
クルマやバイクの流し撮りばかりを集めてみました。

「流し撮り」とは? ズバリこーゆー撮り方のことです。

DSC_0213s_201309180011384e2.jpg

シャッタースピードをわざと遅めにして、
動いている被写体にピントを合わせたままカメラを動かし(流し)て
シャッターを切りますと、背景のほうが流れて、
いかにも「走ってる感」が出るのです。
(この写真の場合は1/30秒、f/4.8、ISO1600で、焦点距離は52mm)

もともとクルマのマニアでクルマ雑誌の編集などもやっていて、

「クルマは走っている姿が一番カッコイイ!」
  ↓
「走っているクルマを普通に撮っても、止まってるように見えてなんかイヤ」
  ↓
「流すしかない!」

てなことで、かれこれ3年ほど、出張先やレース会場で、
執拗に流し撮りばかりしてきたのでした。

でも流し撮りというのは今どきのデジカメなら、
そんなに難しい技術ではなかったりします。
不肖バロンも写真なんてドシロウトで、
流し撮りのためだけに少しずつ、技術をおぼえてきました。

「シャッタースピード優先モード」
「AF追尾モード」
「手ブレ補正のON/OFF切り替え」

ぶっちゃけ、この3点だけカメラの説明書を見て使えれば、
誰でも楽しく流し撮りが、できちゃうのですよ!!
連射推奨。何枚かに1枚くらいは、マトモに写ります。
そのギャンブル感がまたタマラナイのです。

道ばたでいろんなクルマを撮ってもいいし、
駅や線路の近くで電車を撮るのもいいし、
ファミリー的には運動会で使うと「パパカッコイイ!」となること請け合い!

でもって流し撮りをさらに思うように使いこなしたくなってくると、
「置きピン」とか「減光フィルタ」とか、
ワザを1つ覚えるたびに、できることの幅が広がって、
気づけばカメラ遊びにドップリとハマったり、しちゃうんですね~。

個人的には何より、「流し撮り」をいろいろ試しているうちに、
「写真=瞬間を切り取るもの」というのは一面の真実で、
じつは「写真=時間の幅を切り取るもの」でもあった、
というのがカルチャーショックでした。

とまあそんなわけで、流し撮りバカ兼クルマバカによる、
いろんなパターンの流し撮りを、
他のみんなの写真と一緒に、ご笑覧いただければ嬉しい限りです。


最後に、「バロン竹内」と前から名乗っているのですが、
平民が身分を詐称するのはよろしくないとて、
この春、本当にバロンの資格を買いました。
50ユーロで売ってるのです、バロンの爵位。

NCM_0229_01.jpg

ほんとに関係なくてスイマセン。


てなわけで皆々さま、東急東横線の大倉山駅から徒歩5分、
大倉山記念館へぜひぜひお越しください!!

こんにちわ、はじめまして!
今回参加させていただきます比嘉久人ダビドリアオです。

参加メンバーが増えみんなそれぞれのテーマで写真を撮っていますが、僕は今回は家族をテーマに写真を撮っています。昔からの友人が結婚をしたり子供ができたりその変わり目に出会えるのはとても楽しかったですね。

僕は人が生きたエネルギーを残すということを軸に写真や動画を撮っていますが、この「家族」という集団は他の集団とは違い「命を燃やす」ということだけでなく「命のバトンをつなぐ」ということをやっていてとても普遍的で膨大な時間軸や宇宙観があっていいなーと感じています。少し大げさですが。

そして僕は結婚していないので写真を撮らせてくれたみんながまぶしい~~

oyama.jpg

はじめまして

456.jpg

----------------------------------------------------------
はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」
会場:大倉山記念館 神奈川県 横浜市港北区 大倉山2-10-1
時間:10:00~20:30 ※初日は12:00より、最終日は18:30まで
料金:無料

URL(PC):http://hamakko.hannnari.com/
----------------------------------------------------------


はじめまして、はまっこ写真クラブ新メンバーけんすけこと佐藤健介と申します。
この度の第6回写真展「写熱前線」からはまっこに参加させて頂くこととなりました。

今回僕の出展する作品のテーマは、「ハノイラプソディ」。

急成長を続けている東南アジア社会。
その中にあるベトナムはハノイ。

バイクが生活には欠かせないこの街のバイクを通した人と人とのつながりの
ドキュメンタリーです。

バイクが心と体の距離をゼロにしている。


これまでもこれからも自分の写真人生で一貫して表現していきたいものは、
"Power of Cell"。

理屈じゃなく、感情よりも素直に、気持ちより先に、
細胞の宿命で体が勝手に反射してしまう。

そんな人間の細胞の力強さ!!

明後日、展示準備で18日にいよいよ「写熱前線」開幕です!!!

ぜひぜひ、ご来場お待ちしてます!!!
宜しくお願いします。

人を応援することは自分を応援すること。

メンバー星野です。

はまっこ写真クラブ写真展、第6回のテーマは「写熱前線」

私の写真展の原点は高校時代。

写真部と鉄道研究会を掛け持ちしていた私は、
学校の文化祭と、デパートの催事場での展示で年に4つの展示をこなしてました。
(当時、デパートの催事場は無料で借りれました。緩き良き時代でした。)

暗室に何日も何日も徹夜でこもり朝までプリント。
放課後は、木製パネルにひたすら写真を貼る作業の繰り返し。
お金が無いので、パネルは再利用だったので、
貼っては剥がしの作業は通常の2倍以上の時間がかかりました。

宅急便も無い時代、そして、免許も車も無いので搬入・搬出は学校にある作業用のリヤカー。
女の子にモテたい盛りの高校生ですが、かっこ悪いなんて言ってられません。
繁華街を通り、デパートまで何往復もした姿は滑稽だったでしょうね。
しかし、今となっては写真に熱かった時代の一番鮮明な思い出です。

社会人になっても写真は撮っていましたが、「写真展」からはずっと遠ざかってました。

あれから四半世紀。

再び「写真展」に熱くなったのは不惑の本厄を過ぎてからです。
きっかけは、友人の写真展のお手伝いをしていた時に言われた一言。

『星野さんも、キヤノンギャラリーとか、そろそろじゃない?』

キヤノンギャラリーの前身「キヤノンフォトサロン」は、アマチュア写真家だけでなくプロでも憧れの舞台。
その舞台に立つ作家さんは、テレビに出演するアイドル並に自分の手の届かない存在だとずっと思ってました。

しかし、あっさりと1回で審査を通過し2007年にその大舞台に立つことが出来ました。
それどころか、2回目の開催は不可能と言われた舞台に、2010年、再び立つことが出来たのです。
同年、エプサイトギャラリーでの写真展も果たしました。

しかし

『なんか味気無い。』

30年前はモノクロフィルムだったけど、今はデジタルなので暗室にこもることも無い。
パソコン&インクジェットプリンターが正確、かつ緻密に、あっけなくプリントを淡々と吐き出してくれる。
審査は難関だけどギャラリーはタダだし、宣伝のポスターをあちこちに貼りに行かなくても
フェイスブックやツイッターのネットワークで写真展情報を拡散出来る。

『もう十分。』

正直、そう思っていました。

しかし、出会いは突然やって来ました。

2011年6月、大震災による自粛ムードの中、
はまっこ写真クラブの第2回写真展と出会いました。

第3回、第4回とメンバーのお手伝いをしているうちに
メンバーの有志数人で「はまっこ個展部」なる裏組織を結成。
公募審査に応募し、メンバー個々が露出して、はまっこを牽引しようと思い至りました。

『先ず自分が頑張らなきゃ!』

人を応援することは自分を応援すること。

そう思い、メンバーに4たび公募審査に応募することを宣言、
そして、2013年8月のコニカミノルタプラザ開催と相成りました。

思惑通り、メンバーの個展開催が加速。

人を応援することは自分を応援すること。

私もメンバーの目標となるべく次なる「高み」を目指します。

そして、どんなに大きな舞台に立とうが、
私は、はまっこ写真クラブの手作り感満載で、一生懸命な写真展がスキ。

私の写真展への熱情、つまり「写熱前線」は、ますます加速します。


ところで、今回私が展示を受け持つ場所は、非常に展示困難なエリアです。
白壁では無く、パンチ穴の開いた仮設パネル8枚。
設置2週間前に急遽与えられたミッションですが
逆風を逆手に取り「屏風仕立て」の展示を思いつきました。

A1(610mm)サイズのロール紙をなんと35メートルも使用した展示です。
ここからまた新しい風が吹きます。

「写熱前線」

いよいよ18日、開幕です。

hoshino003.jpg

かわることかわらないこと

お久しぶりです。細野でございます。

前回の初参加からあっという間に二度目の写真展が近づいてまいりました。
私事ですがはまっこに参加してから自分を取り巻く環境が目まぐるしく変わりました。

なにより大きいのが転職したことです。
以前は写真屋の店長をしていた私ですが、今はブライダルアルバムのレタッチをしたりしてます。
そうです、また写真を触っています。

かたちは変われどちゃっかり写真とかかわるお仕事。
懲りないですね。

難しいことを考えるのは苦手ですが、やっぱり好きです、写真。
などと言いつついっちょまえに難しいことを考えて悩むことも多々ありますが、今回は考えることをやめてみました。


「好きなら好きにかわりはないんだからそれでいいじゃない!」



そんなかんじで今回は私の大好きな鳥さんをみなさんにドン引かれるまで見せつけようと思います。

是非ドン引きに来てください。


「ハシビロコウさん」がお待ちしております。DSC_1375mini.jpg

ワクワクガトマラナイ

002o.jpg

皆様、はじめまして。
今回の写真展より、参加させていただくさっくこと坂井田稔と申します。
今後とも、よろしくお願いします。

写真展への出展が、ワタクシ初めてなので、緊張してたハズですが、、、

 08/23 入部問い合わせ
 08/28 入部決定
 09/04 部員の皆さんと初顔合わせ & 出展決定
 09/07 出展作品の決定とプリント
 09/09 作品を入稿(17日の搬入に参加できないため)

と、慌しいスケジュールをこなしたせいか、興奮冷めやらぬ状態です。
早く来週にならないかな、と。


今回の出展作品は、今年亡くなった実家の愛犬チャッピーです。
自分の写真撮影の原点でもあり、初出展の作品に相応しいかな、と。

散歩を終えた後の満足気な表情だったり、家族との触れ合いだったり、
このコとの大切な思い出を、作品として出展出来ることは、この上なく嬉しいデス。

出展作品の選定に助力頂いた部員の皆さまに、この場を借りて御礼申し上げます。


展示の準備を終えた今、次は何を展示しようかな、チャレンジしようかな、
と、早くも次回のことを考えてしまってます。気が早いですよね(笑)

久々に漲っている感じがします。挑戦することっては、やはり大事ですね。

会場内に、はじめて部員募集を張ります。

第6回写真展「写熱前線」では
会場内に、はじめて部員募集を張ります。

はまっこ写真クラブ気になる人、
ぜひ大倉山記念館に足をお運びくださいませ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130912-00000028-minkei-l14

水田の街に愛をこめて

はじめまして!
今回初参加させていただくまゆまゆこと黒木麻由と申します
以後どうぞお見知りおきを!

つい先日まで2ヵ月ほどフィリピンに行っていました
留学という名目で英語の勉強をしてきたのですが
飲んだり撮ったり飲んだりした思い出ばかりです…

今回はそんな南の島で撮ったあまり南の島っぽくない風景を
可愛いジョリビーのハチさんとともにお届けします
Please have fun with my photos!!


わたしの地元は稲刈りのシーズンです
オリンピックなんてそっちのけで

金色に輝く彼らにかこまれて写真と撮っていたら
ひさしぶりに花粉症のくしゃみをしました

すこし違う景色のなかで生きてみると
日常の美しさに改めて気付くことができるから
旅ってほんとおもしろいです

視点を変えると世界も変わる

IMG_6435.jpg

封印


またまた第6回はまっこ写真展『写熱前線』が始まります。
この熱いタイトル通り今回もあるひとりの女の子のい夏を最前線からしてきました。
今回限りでこの子を発表するのを封印したいと思います。
最後に皆さん見に来てくださいねー!!

たましいはいつも迷子


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」
会場:大倉山記念館 神奈川県 横浜市港北区 大倉山2-10-1
時間:10:00~20:30 ※初日は12:00より、最終日は18:30まで
料金:無料

URL(PC):http://hamakko.hannnari.com/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

迫ってまいりました。皆さますでにカレンダーにはチェックを入れていただいていると思いますが、
どうぞ楽しみにお待ちください。

はまっこメンバー、展示に向けて最終調整中です。

ユーミン大先生の唄にこんな日に限って安いサンダルを履いてた、というくだりがありますが
憧れのロックスターと同じエレベーターに乗り込んだ時に唇の端からプッと
あたかも放屁のような音が発せられたり、
過去の恋人と再会したときにコンビニで湯入れしたぺヤングを大事に抱えていたり
総じてタイミングとはビビアン・スーの言うように絶妙かつ大事なもので。
いつだって、どんと来いカモン!と言えるぐらいの
準備が整っていたらよいのですがそうもいきませんね。
わたしも展示方法については構想を巡らせている最中です。

月日は百代の過客にしてうんとやらとはよく言ったものですが
本当に。早いなぁって指をくわえて時計を観てる。
飛び去っていく時間には羽が生えているのかな
虫だったらどんな姿形だろう。なかなかそれは捕まえられないのです。

今回の作品のテーマは、
「小市民人魚 missing blue 」。
人間に憧れて、人間の生活を手に入れてしまった人魚の女の子のお話しです。

理想と現実の狭間について、海と陸という分断された世界を行き来するマージナルな精神世界について、
表現してみたいと思ったのが作品づくりの発端です。
破壊される、作られる、捨てられる…
矛盾の繰り返しで成り立つ私たちの世界で、海を想い、自己矛盾を抱えながら生きる
人魚の孤独な表情を通して、何かを感じてもらえたら嬉しいです。

テーマも決まってプリントも出し終わって、
さて、というときに「月の子」という漫画を読破したのですが
それが人魚のお話しでなんともわたしが描きたいものにそっくりな世界観でした。
これもタイミングなのでしょうか。

お米お米、お米が食べたい。難しいことを散々考えてさ、
時々泣いたって、結局はお米をお腹いっぱい食べたいとか、
思いつめるあまり白米の夢を見るとか、
そんな一個のクリーチャーに過ぎないチンケな自分を発見した瞬間に
ふっと安堵するものです。

悲しみも悔しさも嬉しさも食欲も全部クリエイティブに生かしてやるのです。
おしゃんてぃでした。
http://tanamaphoto.tumblr.com/


やる気満々のまっちゃん

部長の広井です。

うちにプリントしたまっちゃんが現れました。

やる気満々のまっちゃん

IMG_0469_01.jpg

展示前の打ち合わせ

展示前の打ち合わせも

楽しく終わりました。

あとは17日の搬入です。

IMG_0465_
プロフィール

はまっこ写真クラブ

Author:はまっこ写真クラブ
はまっこ写真クラブのホームページです。http://www.hamakkophoto.com

カウンター
Facebook
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。