スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チャリティー】はまっこプロジェクトについて


こんにちは。はまっこ写真クラブです。
日本熱狂の夜でしたね。

いよいよ来週からはじまる第5回写真展、「トウキョウトゥデイ」を目前に
はまっこ写真クラブで取り組んでいる
チャリティー活動についてお話しをさせていただきます。

その名も

「はまっこ写真プロジェクト」。

第2回写真展から始まった「ポストカードを販売して、売り上げを被災地に届ける」という活動。

写真を通して、被災地の皆様のために何かできないか?
皆の意見で始まり、さまざまな方々のご協力・ご賛同を賜りながら 続けてまいりました。

今回は、
はまっこメンバーであり、写真家として福島県の取材を進めている
冨永晋さんの写真を中心としたポストカードを販売し
収益で放射能測定器を購入
冨永さんの手で現地に届けてもらうことを目標にしています。



以下、冨永さんのメッセージを転記します。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「20110311.20130311」


2011年3月11日、東北・関東地方を巨大地震が襲った。

地震と津波の被害は想像を絶するものであった。
すぐにでも取材に行かなければと、はやる気持ちはあったものの
すぐには現地に駆けつけられなかった。

早いもので、あの巨大地震から2年が経過した。

今回、震災後に撮影した場所(福島県いわき市近郊)を再度撮影しながら、
あの時撮影に応じて頂いた方々を探し、同じ場所で撮影をさせて頂いた。

皆さん元気に過ごしているのを見るとホッとするのだが、
まだまだ完全に復興したという状況ではなく、
瓦礫はきれいになくなったのだがそこに暮らしていた人々も別の場所で生活を始めたためか、
震災後の風景よりも悲しい風景に感じられた。

地震から2年が経過したが、
まだ何も終わってはいないという事、
むしろこれからどのように復興していくのかという事が大事であろうと思う。

今回の地震によって起きた事を、これから僕が写真を撮り続ける限り、
撮影をし続けるものであろうと思うし、撮影し続けなければならないものであると思っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2回目の3.11を迎えます。
あの日、日本中に鳴り響いたさよならの音が、耳の奥で鳴りやみません。
わたしたちは、忘れてはいけないことを、すぐ忘れてしまうから。
もう一度、皆様から集めた希望を被災地にお届けできることを願っています。

よろしくお願いいたします。

_MG_0201_2.jpg

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

はまっこ写真クラブ

Author:はまっこ写真クラブ
はまっこ写真クラブのホームページです。http://www.hamakkophoto.com

カウンター
Facebook
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。