スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ明日から「写熱前線」!

このブログではお初になります。副部長(雑用係)のバロン竹内です。

本日、大倉山記念館での設営作業も完了し、
明日、9月18日(水)から23日(月)まで、
はまっこ写真クラブ第6回写真展「写熱前線」が開催です!!

メンバー16人が出展し、それぞれの「写熱前線」を思い思いに展示。
展示作品数は375枚! チャリティーポストカードは280種類!!
朝10時から開いているので、お散歩がてら、気軽に見に来てくださいね~。


さてところで自己紹介というか、自分の今回の出展を紹介いたします。

テーマは「K=mv^2/2」という、運動エネルギーの公式で、
クルマやバイクの流し撮りばかりを集めてみました。

「流し撮り」とは? ズバリこーゆー撮り方のことです。

DSC_0213s_201309180011384e2.jpg

シャッタースピードをわざと遅めにして、
動いている被写体にピントを合わせたままカメラを動かし(流し)て
シャッターを切りますと、背景のほうが流れて、
いかにも「走ってる感」が出るのです。
(この写真の場合は1/30秒、f/4.8、ISO1600で、焦点距離は52mm)

もともとクルマのマニアでクルマ雑誌の編集などもやっていて、

「クルマは走っている姿が一番カッコイイ!」
  ↓
「走っているクルマを普通に撮っても、止まってるように見えてなんかイヤ」
  ↓
「流すしかない!」

てなことで、かれこれ3年ほど、出張先やレース会場で、
執拗に流し撮りばかりしてきたのでした。

でも流し撮りというのは今どきのデジカメなら、
そんなに難しい技術ではなかったりします。
不肖バロンも写真なんてドシロウトで、
流し撮りのためだけに少しずつ、技術をおぼえてきました。

「シャッタースピード優先モード」
「AF追尾モード」
「手ブレ補正のON/OFF切り替え」

ぶっちゃけ、この3点だけカメラの説明書を見て使えれば、
誰でも楽しく流し撮りが、できちゃうのですよ!!
連射推奨。何枚かに1枚くらいは、マトモに写ります。
そのギャンブル感がまたタマラナイのです。

道ばたでいろんなクルマを撮ってもいいし、
駅や線路の近くで電車を撮るのもいいし、
ファミリー的には運動会で使うと「パパカッコイイ!」となること請け合い!

でもって流し撮りをさらに思うように使いこなしたくなってくると、
「置きピン」とか「減光フィルタ」とか、
ワザを1つ覚えるたびに、できることの幅が広がって、
気づけばカメラ遊びにドップリとハマったり、しちゃうんですね~。

個人的には何より、「流し撮り」をいろいろ試しているうちに、
「写真=瞬間を切り取るもの」というのは一面の真実で、
じつは「写真=時間の幅を切り取るもの」でもあった、
というのがカルチャーショックでした。

とまあそんなわけで、流し撮りバカ兼クルマバカによる、
いろんなパターンの流し撮りを、
他のみんなの写真と一緒に、ご笑覧いただければ嬉しい限りです。


最後に、「バロン竹内」と前から名乗っているのですが、
平民が身分を詐称するのはよろしくないとて、
この春、本当にバロンの資格を買いました。
50ユーロで売ってるのです、バロンの爵位。

NCM_0229_01.jpg

ほんとに関係なくてスイマセン。


てなわけで皆々さま、東急東横線の大倉山駅から徒歩5分、
大倉山記念館へぜひぜひお越しください!!

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

はまっこ写真クラブ

Author:はまっこ写真クラブ
はまっこ写真クラブのホームページです。http://www.hamakkophoto.com

カウンター
Facebook
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。