スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバ大冒険

お久しぶりです。
はまっこのおしゃんです。

わたしったら、一体誰に似たのかわからない(家族からも不思議がられる)
冒険好きで、
そして、失われてしまうものを極端に怖がる
臆病者。洗剤が切れるだけでも発狂します。だからストックの鬼です。
歴史ある施設の閉館とかにも人一倍胸を痛める性質です(縁もゆかりもない~ぃぃ!!ってやつでも)。
あぶ刑事ファンじゃないけど、あぶ刑事が終わるのも寂しい・・・

国が変わるとか、文化が途切れるとかも、とっても怖いのです。

世界の様々な国を旅してきたのですが、
大きな変化を遂げようとしている国にはすぐに飛び込みたくなるし、
何としてでも自分の目で見なくては!という気になってしまう。
マスメディアに関わる仕事をしていながら、
ガイドブックやニュース、人のうわさで聞いたことは丸のみにできない性質です。

とりわけ長きにわたる軍事政権が歴史的崩壊を遂げ
民主主義の幕開けを迎えたミャンマーと、
先日政治制裁を解かれ、54年ぶりにアメリカと国交回復したキューバ。
この2国への冒険はわたしの少年(いやもうすぐ29歳独身アラサーふたご座です、えへん)心をひどくくすぐったのでした。

ミャンマーの思い出は過去のはまっこブログから!
http://hamakkophoto.blog79.fc2.com/blog-entry-146.html

そういうわけで都会でしぶとく生きる写真好きのお茶目なアラサー、
キューバでの一人年越しという半ば暴挙とも思われる冒険に繰り出してきました。

キューバは世界でも稀少な社会主義国。
資本の香りがまったく漂わない街、そしてほぼ、貧富の差のない
国民皆平等、の理想を絵に描いたような国。

だけどやっぱり国は揺れていました。
わたしはただただ歩いて、たくさんの人に会い、話をしました。

注目度の高さに反して観光客の収容に追いつかない中心地、英語対応の弱さ、新しいも古いも、汚いもきれいもごちゃまぜな街中の煩雑さ、表だって政治の話ができないちょっとした緊張感や
二重通貨の問題、そして何よりも深刻な国内のモノ不足。

貧富の差もなく、最低限の生活は保障され、固有の文化やカリブの自然、建築など様々な魅力を持つキューバ。
だけどやっぱり光も闇もそこにはあるわけで。

ゆらゆら揺れる日常を彼らは、戸惑うくらいのまぶしい笑顔をたたえて
まっすぐな目で見つめていました。


そんな彼らのポートレイトを展示します。その目の奥に何かしら感じるものがあればうれしいです。
てへっ。

-――――――――――――――――――――――

第9回写真展「なないろパトス」
2016 2/8(月)~14(日)

会場:下北沢バロンデッセアートギャラリー
会期:2016年2月8日~14日
時間:10:30~21:00 (最終日は18:00迄)

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目30-11
TEL 03-6407-0511
OPEN 10:30〜21:00

-―――――――――――――――――――――

はまっこ写真展はもうすぐ開幕!お見逃しなくですよ~!

さあ今年はどんな冒険が待っているかしら。

キューバIMG_4293

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

はまっこ写真クラブ

Author:はまっこ写真クラブ
はまっこ写真クラブのホームページです。http://www.hamakkophoto.com

カウンター
Facebook
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。